CES 2017でもう1つの素晴らしい中国の打ち上げ:プロのデザイナー向けのHUIONペンタブレット
掲載日:  2017-01-05 19:14:00
クリック:  150

世界最大規模で大きな影響力を持つコンシューマー向け技術産業イベントである家電見本市(CES)が、2017年1月5日~8日にかけて米国のLas Vegasで開催されました。HUION独自のEMR手描き入力技術が発表され、海外メディアと来場者の大きな注目を集めました。

f7c241ce87.png


国際舞台での国際家電見本市の新製品デビュー、高度なタッチ技術を体験

本イベントでHuionはペンディスプレイ、ペンタブレット、AIO、LEDライトパッドなどを展示いたしました。それらの製品群の中でも特に、デビューしたINSPIROY Q11Kペンタブレットがハイライトとなりました。ワイドスクリーン設計の新バージョンは、より自由な手書き環境を可能にしています。フルブラックを基調としたインダストリアルデザインはシンプルさとファッション性を表現。超薄型で合理的なデザインはペンタブレットとデスクトップを融和させ、ユーザー快適性をいっそう進化させています。超高解像度、筆圧感知、および8個のスマートなカスタムショートカットキーにより、このモデルはクリエイティブワークの効率化を最大限に引き出し、より流れるようなラインと紙のようなタッチを再現しています。


0c1ccd88b8.jpg

Q11Kペンタブレットに加えG10TペンタブレットとKAMVAS GT-156HDペンディスプレイの2つの製品も、多くの視聴者の目を引きました。昨年10月の発売以来、G10TペンタブレットとGT-156HDペンディスプレイは、優れたインダストリアルデザインと優れた製品を実感した多くのプロフェッショナルクリエーターによって支持され、海外における素晴らしい市場獲得に寄与しました。


G10Tペンタブレットは、美しい外観および滑らかな描き心地、持ち運びやすい超軽量&超薄型のデザインを特徴としています。10×6.25インチのアクティブエリアは、ユーザーの創作領域を十分に確保しています。また、15.6インチの大型GT-156HDペンディスプレイは、高精度、多段筆圧感知、読取速度アップ、アンチグレアパネル、および高品位アンチグレア加工等Huionの技術を惜しみなく投入し、ユーザーは紙に書いているかのような優れた感覚を体験することができます。多くの来場者が気のある展示会でHUIONの新製品を積極的に観察し体験しました。

絶妙かつ専門性を持ち、プロが求めるデジタル手書き入力の可能性を探求します


a1b117a888.png

また、HUION製品の展示会では、WACOM社とDELL社が27インチ'Canvas'アンチグレアスマートタブレットを発売しました。昨年10月末に、Microsoft社はSurface StudioのAIOモデルも発売しました。これらの継続的な開発と技術的進歩を伴うデジタル絵画技術の止められない開発動向を顕著に表しています。

Microsoft社やDELL社のようなハイテク大手企業は近年ビジネス開発においてハンドインプット市場に続々と参入しています。一方、HUIONは、北米、ヨーロッパ、東南アジア、日本、韓国などの50以上の国と地域で販売されています。デジタルデッサン、動画の特殊効果、ゲーム制作、漫画、グラフィックデザイン、3Dなどのデジタルクリエイティブ分野で広く愛用され、世界第2位の消費者向けペンタブレットにまで成長しました。